ブログトップ

microcosmique ミクロコスミック

microcosmi.exblog.jp

<   2006年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Dinanで購入したビーズで

ホワイトゴールドの丸いビーズをクルクルと繋げてネックレスが出来ました。
(イメージを形にするのは結構大変。花の形を造ったつもりなんですが...)
b0083998_0425946.jpg
半透明のプラスチックビーズとホワイトゴールドは
Dinanの素材屋さんのワゴンセールで見つけたものです。
b0083998_0431471.jpg


Fleur de Lin et Bouton d'Or
(9 rue du Petit Fort 22100 Dinan)

[PR]
by microcosmique | 2006-08-31 00:46 |  色々な素材で

bisous ビズー

パリで居候させてもらっていた友人の実家へ。
Lavalより車で2時間くらいの町Châteaubriant。

挨拶は両頬にキスをします。地方によって2回、3回、4回。

友人の実家には、ご両親、お姉さん二人とその家族、2+4+5=11人。
この地方は4回なのでみんなと挨拶すると44回になります。右左右左.....
友人Rと婚約者+パリの友人+私はそれぞれみんなとご挨拶。
(友人の甥っ子の一人が高校生に。もう大人じゃん。前にあったときは6歳くらいだったのに。
時の流れを実感してしまった。)


美味しい食事と楽しい会話が始まる。
(ママがとってもチャーミングで料理も上手なんです。)b0083998_4312.jpg

友人は家族に愛されているんだなと思う。
誰かが待ってくれて帰れる場所があるのは幸せなこと。

b0083998_431953.jpgもちろん、お別れの挨拶も4回のキス、
右左右左.....
[PR]
by microcosmique | 2006-08-29 00:41 | amusettes 気晴らしなど

une fête 引越しパーティ

Lavalに住む友人は結婚を控えていて近く引越しします。
バカンス時期なので人数が少ないくなったらしいが、参加者は9名。
本当は何名になる予定だったのか?

フランスでは友人宅などでの食事会が良く行われている。
招待された人は必要なものを聞くか、ワインなどの飲み物
またはチョコレート、お花などを持ってお宅を訪ねます。
フランスの夕食は8時くらいが普通です。(予定の時刻より少し遅く行くのが礼儀かな)

まずは食前酒:apéritif、軽めのアルコール。ビール、シャンパン、
シードル、またはシャンパンやシードルにリキュールを入れたもの、
キールなどをスナックなどのおつまみと一緒に楽しみます。b0083998_12258.jpg
食事は前菜、メイン、チーズ、デザートと進みます。
ワインはお皿に合わせて。

今回は友人の手料理。春雨の中華サラダ、メロンとハム、サーモンのパテ、牛肉のロースト、チーズ数種、デザートにアイスクリーム。

食事中にたくさん話をして、時間を掛けて食事を楽しみます。


b0083998_124367.jpg
食後は食後酒:digestif、強めのお酒。
今回私はmirabelleミラベルというスモモの一種のお酒を頂きました。
桃の香りがして一口飲んだら喉が焼けるぅ。(アルコール度数40度!?)
コーヒーや紅茶やハーブティとともにまだまだみんなのおしゃべりは続く。

友人と婚約者はサルサで知り合った。
音楽はラテン系になり、彼らが踊りだしみんなも踊りだす。
サルサ踊れるってカッコイイ。b0083998_1325.jpg

経験者の指導でサルサ教室も始まって私も初サルサ。
ステップはすぐに覚えられたのだけど、ターンがどうしても出来ない... 
サルサ踊れるようになりたいが、踊る機会なんてあるんだろうか?
b0083998_14553.jpg


この夜、2時過ぎまでパーティは続きました。




結婚するRが婚約者のそばでいつもいい顔をしていた。
ずっとずっとお幸せに。
[PR]
by microcosmique | 2006-08-28 01:24 | amusettes 気晴らしなど

La Mayenne マイエンヌ川

LavalのLa Mayenne川でCanoë
本物ではないのですがカヤックのようなものに乗りました。
(救命胴衣を人数分持たされます。)
b0083998_1495393.jpg

川を上って下る。1時間のコース。水の上は気持ちよく、景色もきれい。

日本の公園にある両手漕ぎのボートは得意だったけど、私が漕ぐと船が回ってしまう。
なんで?
(まっすぐ進まないのでもう漕ぐなって言われました。帰りは乗っているだけ)

b0083998_1572671.jpg

上りは水門を通りました。水位が調節されるまで待ってから進みます。
ついさっき遊覧船が通ったので、おばちゃんが不機嫌に仕事してくれました。
b0083998_1594292.jpg

b0083998_152355.jpg



下りは、水門の横の3-40センチの段差を3度、通らなければなりません。怖ぇ~。
b0083998_261243.jpg

勢いをつけても引っかかってしまいます。これが本当にスリルで笑えた。

この段差の所を通る私の動画で友人達はかなり大笑い。
うん、確かに笑えるけど、その動画は友人のパソコンの中で行方不明らしい。
あんまり広めて欲しくないけど、見つからないと残念な気がする。
[PR]
by microcosmique | 2006-08-27 01:35 | amusettes 気晴らしなど

rendez-vous 待ち合わせ

学生時代からの友人Nと会うことにしていた。
b0083998_1493743.jpg
Nは普段パリに住んでいて、この時期はブルターニュの海辺で家族とバカンス中。
携帯を持っていないNがやっとRに電話して話が出来たのは予定の前日。
Lavalと彼女の滞在先St Malo近くの中間。Dinanという町に10時に指定のクレープ屋:Créperie で会いましょう。

車でLavalから1時間半、港があり坂を登っていったら旧市街があるとてもかわいらしい町。

b0083998_1511559.jpg
着いたのは10時40分。「余裕~、順調~」。かわいらしいお店にテンションが上がる。
b0083998_2404992.jpg

ブルターニュ地方はガレットで有名。りんごのお酒、シードルと一緒に食べます。(ガレット:そば粉のクレープ ハムやソーセージトマト、チーズ、魚介類など色んなものを選べます。デザートの甘いクレープもあります。)b0083998_157156.jpg

後はクレープ屋を見つけるだけ。
カフェの人に聞くと親切にも男性が一人、
道案内してくれた。
「あれ?ここじゃないや」と言って他の人に聞いてくれとのこと。
それから数人のお店の方に聞いたのだけど、みな口をそろえて「そんな名前のクレープ屋あったっけ?」。地元で小さな所、町のことは知ってるものね。

だんだんRと不安になってきた。待ち合わせ予定の11時も過ぎてしまったではないか。
もしかして、Dinan:ディナンではなく、ここから3-40分先のDinard:ディナーだったの?心配になってきた。b0083998_2165096.jpg

Nには子供が2人いる。この日は子供から久しぶり離れて一人の時間を楽しみにしてるはず。
ツーリストオフィスへ行ってネットで調べてもらってもそんな名前のクレープ屋はない。
小さな町を3周位して途方にくれて11時30。
やっと友人Rの携帯が鳴った!!!

N:「もしもし?!ごめ~ん。公衆電話見つからなくて、いまどこ?
お店の名前違ってた~。
ホントはCréperie Le Connétable」

R:「・・・・・・・」

予定の時間は過ぎたけど、無事に3人で会うことが出来ました。
(なぜかいつも再会は爆笑で始まる。)

Nが指定した名前のクレープ屋など存在しなかったのです。
b0083998_221980.jpg
Rと私が必死に探していたのはCréperie Templier、
最初に男の人が連れて行ってくれた場所がまさにTemplier(訳:テンプル騎士団)があった場所。
しかしそこはクレープ屋さんではなく、ナイトクラブ。
間違った情報の発信源はNの旦那様(フランス人)。
彼、このナイトクラブに良く行っていたのかしら?

こちらが本当の待ち合わせの場所
Créperie Le Connétable
1 rue Appory 22100 Dinan
b0083998_1584258.jpg

パリ、ラバル、福岡で生活している3人がDinanで一緒に居れるのも不思議です。

クレープを食べて、おしゃべりして散策して楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。
Nは家族が待つ海辺へ戻っていきました。

b0083998_2432385.jpgこの友人達とはいつまで経ってもこんな調子なんだろうな。
ハプニングもDinanの町もとても楽しい思い出になりました。
(*先日ご紹介したビーズ素材屋さんなどがある町。)

今度はどこで待ち合わせしようか?

*福岡市でガレットを食べられる所:café Potters
カフェ ポッターズ 福岡市中央区薬院1丁目8-8 2階 
(ブルターニュ地方でガレット修行されています) 

[PR]
by microcosmique | 2006-08-26 00:27 | amusettes 気晴らしなど

Laval ラバル

b0083998_22132453.jpg
b0083998_2264640.jpg
パリ、モンパルナス駅よりTGVで1時間半くらいの所にある街、Laval。
2度目の訪問、この8月いっぱいまで友人が住んでいる街。
b0083998_2271922.jpg

街のあちらこちらに花が植えられてとてもきれい。トラックで水をあげているのを良く見かけました。パリと違ってゴミもほとんど落ちていない。
b0083998_2274210.jpg

友人とはメールやスカイプで連絡を取っているので、「懐かしい、久しぶり~」という感じはない。駅のホームで彼女の顔を見つけ、思わず笑ってしまった。向こうもゲラゲラ笑っている。この状況がおかしいのだ。(ホントにいる。ホントに来たって感じ)彼女と会うのは今年2回目。
離れていても会おうと思ったら会えるんだ。

[PR]
by microcosmique | 2006-08-25 22:39

bistorot Châteaubriand  パリのビストロ シャトーブリアン

Châteaubriand
129 av.Parmentier 75011
b0083998_0393921.jpg

綴りは違うのですが、ブルターニュ地方Châteaubriant:シャトーブリアン出身の友人が
雑誌Le Nouvel Observatoireで見て気になっていたと、お昼に連れて行ってくれました。
b0083998_0353937.jpg

b0083998_121599.jpg
b0083998_1223881.jpg
パリの無料誌 ENVILLE CITY MAGAZINE POUR URBAINS CURIEUX(ガイド:ファッション・文化交流・映画・音楽・レストラン・バー・夜遊び・演劇・展示展覧会などの情報) にもシェフ Inaki Aizpitarteが載っていました。

話題のビストロで話題のシェフなのね。お店に来ている人もデザイン・アーティスト系のおしゃれな人が多かった気がします。

スタッフは気さくで親切。テーブルの間を行き来する時におどけて見せたりしてくれました。

食べ始める前は空席もありましたが、
b0083998_0455242.jpg

次第に人が増え、待っている人も...
b0083998_047730.jpg

ランチは前菜+メインまたはメイン+デザートを選べます。13ユーロ~
前菜に小きゅうりのサラダ、友人は豚肉のハーブ添え。ガラスのお皿に盛られています。どちらもおいし~。
b0083998_0473349.jpg

本日のメインは黄色ズッキーニと牛肉のロースト。
ズッキーニの塩加減も絶妙。牛肉はやわらかく、このボリュームですが全部食べてしましました。
b0083998_0481971.jpg

どれも美味しくて、追加でデザートを頼みました。画像はないのですが、つぶしたバナナに黒糖がまぶしてあり、素朴で懐かしい味がしました。
滞在中にまた行きたいと思いつついけませんでした。今度パリへ行く時は必ずInakiの皿を楽しみにこのビストロへ戻ろう!

[PR]
by microcosmique | 2006-08-23 01:46 | amusettes 気晴らしなど

des japonais à Paris パリで出会ったニホンもの

エッフェル塔を見るとパリに来たと実感します。
b0083998_21013.jpg

今年エッフェル塔近くに出来たMusée du Quai Branly:国立美術館へ行ってきました。
222 rue de l'université 75007 Paris
b0083998_211865.jpg

大陸の美術や文化、民族の文化や衣装がアフリカ、アジア、オセアニア、アメリカと大陸毎に分けてあります。近代的な建物、螺旋の廊下、ホールにはイッセイミヤケの巨大な白いプリーツカーテン、展示場に続くスロープでは日本の車窓映像が見られました。
アジア大陸の日本コーナーは1枚のパネルで日本の藍染め織物の紹介。本物の布には見えなかったのですが。(カラーコピー?)絣など好きな私は日本物の展示の少なさと雑さに少しがっかりしました。
館内は撮影禁止なので画像はありません。
一通り見た後にマルティメディアコーナーへ。フランス語にない子音や母音を声に出して友人と隣にいた知らないおばさんと発音練習。傍から見ると少し間抜けです。
世界の言語の中に日本語、視聴してみるとお馴染みの出だし、「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは.....」こんな所で桃太郎のお話を聞けるとは思いませんでした。(しかしなぜ、桃太郎?)
b0083998_213495.jpg


この夜は映画へ。mk2 Rambuteau 250, rue Rambuteau 75003 Paris
まだ猛暑だったパリ、映画館はクーラーがきいています。
「Cinq femmes atour d'Utamaro」Kenji Mizoguchi
溝口健二監督 歌麿と五人の女たち(1946)

はっきり言って溝口健二を知りませんでした。(黒澤明、小津安二郎まで名前は知っていたのですが....溝口健二を含め日本三大巨匠といわれているそうです。フランスでは黒澤や小津の映画はよく映画館で上映されています。)

とにかくこの映画を観ることになりました。フランス人友人はノリノリ?!です。
映画が始まって愕然としました。観にくいのです。この時代のモノクロームと話し言葉に慣れていない。フランス語字幕読んだ方が良いのか?途中から集中できなくなり、ついでに映画館はクーラーがきき過ぎていて、キャミソールで出かけた私は寒くてたまりませんでした。睡魔に襲われ、あくびしすぎて涙も出てきました。そんな自分がおかしくて独り笑いをこらえてた。
そんなこんなで、映画の内容ははあまり覚えていません。(途中、少し寝ていたかも。)
フランス人友人は大満足で素晴らしい映画だと絶賛していました。
特に映画の中の日本人女性が顔を伏せて、しとやかに「オヨヨ~」と泣くシーンが気に入ったみたいです。
現代にそんな日本女性は存在しないと教えましたけど。
DVDレンタルあるのかな?ご興味のある方はご覧ください。

もうひとつ、パリで見つけた日本語。(撮影許可取りました)
b0083998_3214721.jpg

確かに体は生きている限り働いています。頑張ってください。

[PR]
by microcosmique | 2006-08-22 03:20 | amusettes 気晴らしなど

Matières : parle de verre ビーズ素材

旅行前にはビーズ関連だけではなく、(古着、アンティークジュエリー、雑貨屋、ビストロ‥)行きたいお店を調べてリストにしていたのですが、予定通りにはいかないものです。パリでは特に歩き疲れたりして「ま、いいや」と行くつもりのお店を減らしていきました。

ビーズ屋では思考能力が低下してたいり、作品をイメージしていなくて、素敵な素材が目の前にあっても、なかなか選べない。

今回仕入れたものの半分以上はブルターニュ地方のDinanディナンで買ったものです。
意外と想定していないお店に出くわした方が嬉しく想像力も働くようです。
b0083998_2342552.jpg

ほとんどがガラスです。たぶんイタリア製なのでしょう。日本よりパリが、パリよりフランスの地方が安いです。当たり前かぁ。
b0083998_14344999.jpg

*フランスではアクセサリー作りは盛んです。地方の町で必ずビーズ・手芸屋が見つかると思います。旅先でお店を探すのもいいですね。

素材のひとつを使って、久しぶりにアクセサリーを作りました。
b0083998_23484649.jpg
b0083998_23485793.jpg


フランス パリのビーズ素材屋 行った所
Matière Première
(12 rue de Sévigné 75004 Paris)

*Parles box :La boîte à Perles
(1 rue Bernard de Clairvaux 75003 Paris :194 rue Saint-Denis 75002 Paris)

そのほかのパリのビーズ素材屋
*La Droguerie
(9 et 11 rue du Jour 75001 Paris)
 日本にもありますね。

Tout à Loisires
(50 rue des Archives 75004 Paris)
わわっ、近くをうろうろしたのに行ってない。サイトを見たら素敵なお店。後悔....。
今度絶対行こうっと。(いつ?)

Victoria Broad(15 rue s'Hoauteville 75010 Paris)

パリ 布などがあるお店
BOUCHARA
(1-3 rue Lafayette 75009)
ギャルリーラファイエットの隣にあります。インテリアの布物が豊富。

Dreyfus 布市場
(2 rue charles Nodier 75018)

Bretagne Dinan ブルターニュ地方 ディナン
学生時代の友人との待ち合わせで行った場所。(このお話はまたの機会に)かわいい小さな町です。素敵なお店がいっぱい。とっても楽しかった。ビーズ屋さんも数件ありました。
またぜひ行きたいです。

*LA PERLERIE
(25 rue du Petit Fort 22100 Dinan)

Fleur de Lin et Bouton d'Or
(9 rue du Petit Fort 22100 Dinan)
b0083998_1273637.jpg

b0083998_1305210.jpg
b0083998_1323877.jpg
リネン、リボン、ボタンとハギレ、ビーズ、刺繍糸など手芸が好きな方にはたまらない、おもちゃ箱みたいなお店です。魅力的な素材が揃っています。
アンティークっぽいカルトナージュもお店の中に並んでいました。



いつになるか分かりませんが、今度フランス(またはイタリア)に行けるとしたら、作りたい物のイメージをしっかり持とう、きっともっと楽しい素材選びが出来るから。

残りの素材はゆっくり形にしていきたいと思います。
[PR]
by microcosmique | 2006-08-21 00:54 |  色々な素材で

une longue promenade 歩いた歩いた

渡仏する前から水着を持って来いといわれつつ、ずっととぼけて持っていかなかった。
友人はどうしてもこの夏新しくできたプールに行きたかったみたい。なぜそんなに泳ぎたいのか私には?????

ある日、朝から歩いてquai de Bercyのセーヌ船上プールに行きました。piscine Joséphine Baker (quai de la Gare Paris 70013)。
b0083998_195691.jpg

この日も猛暑、良すぎる天気強すぎる日差し。友人をプールに送り、着替えて1往復泳いだのを見届けて、独り散歩に行くことにしました。
近くから地下鉄に乗ろうと考えたのですが、すぐにGare d'Austeritzオーストリッツ駅、
b0083998_1101647.jpg
その向こうはMuséum National d'Histoire Naturelle et Jardin des Plantes 国立自然史博物館と植物園、そこへ向うことにしました。博物館は昆虫や動物のお勉強が出来ます。一度行った時にあまりに早く見終わって出てきたので「きちんと見てきたのか?」って受付のお姉さんに言われました。ゆっくり時間がなかったのです。今回は時間があったものの素通り。(お勧めの博物館です)
b0083998_1141163.gif

b0083998_1104745.jpg
b0083998_1105847.jpg

b0083998_128621.jpg

b0083998_115771.jpg
b0083998_115214.jpg
b0083998_1153526.jpg

博物館裏のMosquée de Paris(39 rue Saint- Hilaire 70005) モスクへ行ってみたかったのです。
異国情緒あふれる場所、思ったよりカフェスペースは小ぶりでした。thé à la menteミントティーが有名です。

b0083998_1245672.jpg
サンジェルマンを通り、レアルでサンドイッチ(スモークサーモン)の昼食を取り、水分補給もしながらマレを通りサンポールより地下鉄に乗りました。

文章にすると短いですが、休憩時間を省けば6時間半は歩いていました。もちろんトドメは友人宅の7階までの階段。あ~疲れた。泳いでいる方が楽だったかもしれない。

[PR]
by microcosmique | 2006-08-20 01:33 | amusettes 気晴らしなど