ブログトップ

microcosmique ミクロコスミック

microcosmi.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

タブレ taboulé

暖かいクスクスも良いけど暑くなったら食べたくなるタブレ。
b0083998_1334490.jpg

クスクスcouscous(スムールsemoule)のサラダです。
トマトやきゅうり、玉ねぎ、セロリ、パプリカ、イカや海老、鶏肉やハムなど好みのものを加え
塩コショウとレモン汁とオリーブオイルで味付けをする。もともとはレバノン料理とのこと、フランスで良く食べられる料理。
ミントやパセリなどの香草を使います。

[PR]
by microcosmique | 2008-06-29 22:24 | divers 他

スライサー Râpe universelle

b0083998_049961.jpg

ないなら包丁で、でもあったらいいな~と思っていたスライサー。
BALS TOKYO FUKUOKA閉店の知らせを友人達から聞き、見つけました。
こんなのが欲しかった。

しっかりしているのでcarrot râpé(ニンジンの千切りサラダ)も簡単☆
切った面が粗いので、人参に味がしみ込みやすいんです。
b0083998_20591773.jpg

giannini


[PR]
by microcosmique | 2008-06-29 11:57 | goûts 好みのモノたち

台所の藍 indigo dans la cuisinne

b0083998_2322242.jpg

雨の日でもすぐに乾くスグレモノ

b0083998_0453829.jpg
干したけのこと干ししいたけの煮物を炊いたら、母が居たあの台所の懐かしい匂いがした。

[PR]
by microcosmique | 2008-06-22 00:44 | goûts 好みのモノたち

雨の降る日は un jour de pluie

面白いからと3ヶ月ほど前に勧められていた本。
b0083998_12493.jpg
夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦 角川書店
ある人のご意見、間違いはないと知っていたのだけどようやく読みました。
読み始めたら止まらなくなり一気に読破。
小梅ちゃんのパッケージを思い出させる装丁デザインで女の子や物語のイメージは既に出来上がっています。
(あら、装丁の高柳雅人氏は奥田英朗作品や東野圭吾作品にも携わってらっしゃるのね)
主人公の女の子は確かにかわいらしい。黒髪や天然、乙女という言葉は私からは程遠い..
ただひとつ見つけた共通点はお酒に弱くないって事?!

もうすっかり伊坂ファンになってしまって、友人が貸してくれる作品をスイスイ読んでます。
グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
伊坂 幸太郎 / 角川書店

魔王
伊坂 幸太郎 / 講談社

森見様や伊坂様の作品は読みながら微笑んでしまったりする。
彼等の作品に愛着が沸くのは同じ世代という理由もあるのかもしれません。





最近いろんな方が本を貸してくださる。
こちらは知人のフランス人から、村上春樹の「羊をめぐる冒険」(仏語)
b0083998_058391.jpg

村上様の作品は過去に読んで途中で投げ出した事がある。あれは確か「ノルウェーの森」。
フランス語版ドラゴンボールは持っているけど...デュマの岩窟王も最後まで読んでないし(~ρ~)

再挑戦の村上様だけど、読み始める前に
「羊をめぐる冒険」と繋がっている、作前2作品が気になりだした。
<La trilogie du Rat 鼠三部>
Écoute la voix du vent — 風の歌を聴け
Pinball 1973 — 1973年のピンボール
La Course au mouton sauvage — 羊をめぐる冒険

ほとんどの作品がフランス語に翻訳されているではないか!

雨の日は読書にもってこいです。
でも、晴れた休日も、いつもの夜更けにも文字を目で追っています。

速読方は身につけておりませんが、読むのは早い方なんですけど、
フランス語の羊は捕まえられるかな。
とりあえず、ズルをしてまずは原作原語で「羊をめぐるる冒険」を読む事にしよう。


[PR]
by microcosmique | 2008-06-22 00:21 | quotidien 日常..

 オレンジとレモンのピール orangette (au chocolat ) et citronette

知人が作って友人が作って、頂いて食べた夏蜜柑のピール。おいしかった☆

まねっこのまねっこで作り出したのだけど、割と手間がかかりました。
暑いお湯に付けて表皮をこすり洗い、熱湯に入れてゆでこぼしの繰り返し、
ワックスを取り除く作業と十分な乾燥が必要。

でも、こんな風に並んだものを見ると嬉しくなる。
b0083998_1321793.jpg

b0083998_1323135.jpg

グラニュー糖をまぶして、レモンピールの出来上がり。
キラキラして、小さい頃ワクワクして見たお菓子のショーケースを思い出す。
b0083998_1341170.jpg

オレンジピールといえばやっぱりチョコでしょ!
(大好きなオレンジピールチョコ、手間ひまかけて作られるって事、値段が高い理由が分かりました)

b0083998_1355032.jpg

うまぁぁい! 初めてにしては上出来♪♪ 
コーヒーや紅茶だけでなく、もちろんお酒に合うんですヨ。 

オレンジピールを刻んで入れた紅茶のスコーン。 
b0083998_1403267.jpg




[PR]
by microcosmique | 2008-06-15 13:20 | faire soi même 他手作り

友人の釜山旅行 les voyages de mes amis à Pusan

先週末、友人達がフェリーで韓国旅行に行きました。

後で判明した事ですが、面識のないあちらとこちらの異なるグループの私の友人達が
同じフェリー、現地では同じ送迎の車に乗っていたようです。

友人達の共通性は韓国好きと私。世界は狭いって思う時がある。

嬉しい韓国土産。 
韓国通の友人からはおススメのHANSKINのCavier gold BB cream、とクリスピークリームドーナツ。
b0083998_11424162.jpg

夫婦で韓国ドラマ大好きな友人からはトッポギ味のスナック菓子、大きめサングラス、
MisshaのExtra collagen sheet maskと濃紺のマニュキュア。
この微妙な紺、欲しくて探して気に入るものがなかった色。感激!さすがだわ。

감사합니다 ← 全く読めないけど韓国語で「ありがとうございます」のハズ...




[PR]
by microcosmique | 2008-06-11 23:44 | divers 他

梅酒 Alcool de prume

この時期だけの梅
伯母の家では収穫が行われる頃だろうけど、6月に入り、店頭に出始めた梅で初めて梅酒を漬けました。
b0083998_20435053.jpg

時間が美味しくしてくれるのは知っているんだけど、1年も2年も寝かせておけるかしら。
b0083998_20435826.jpg

黒砂糖入りやブランデーベースの梅酒と梅サワーなど数種類。 りんご酒とレモンとライム酒も。
おいしくな~れ。
瓶の中に丸い梅がぷかぷか浮かんでいるのを見るだけでも楽しい。

b0083998_11435637.jpg
週末、実家の皆と蛍を見に行きました。行ったのはこちら
初夏の少し湿気を帯びた緑の匂い、
田植えが終わった畑の水にも杉山から降りてくる蛍の光りが映る。
一定のリズムでゆったりと光る蛍。
黒い田舎の夜はこの時期のある時間帯だけ、幻想的な光景を見せてくれます。

季節を感じ楽しむって、自然の理にあわせてみるってことかも。

prune confite 後日、梅を追加して梅シロップの仕込みをしました。
b0083998_12311675.jpg

         砂糖が溶けてシロップが出来たようです ↓
b0083998_07564.jpg

         梅シロップの梅の実は取り出して、梅ジャムになりました ↓
b0083998_0271043.jpg

単純に瓶に入ったものを見るのが好きなのかも知れません。
梅仕事の中でも手間と時間がかかる梅干はまだ出来ないけど、梅のある生活は悪くない。
食欲増進、胃腸の改善、肝機能の向上、疲労回復など様々な効果がある梅、先人の知恵ですね。

フランス語でこんな表現を見つけました。
Je travaille pour des prunes. 直訳:梅(プラム)のために働く 
で、無駄働きするって意味らしい.....     それって私の事?!





[PR]
by microcosmique | 2008-06-08 22:22 | faire soi même 他手作り

じゃがまんじゅう pomme de terre bouille enveloppé de pâte de farine

「じゃがまんじゅう」:じゃがいもを茹で、小麦粉を練った生地で包んで茹でたもの。
(里芋で作るものもあります)

おそらく、物がない時代の主食の代替品や農作業の栄養補給など、おにぎりのようなものだったのでしょう。
今でも家庭で作っておやつ代わりに食べたりします。
八女地方(奥八女かも)ではスーパーでも見かける郷土食?!生地は郷土料理の「だご汁」と同じ。

素朴というか、ほとんど茹でジャガイモです(笑)
だから、出来上がりも原型のじゃがいもの形のまま。
b0083998_2223444.jpg

素材の味のままなので、
醤油、砂糖醤油、バター、辛し高菜、蟹漬け、味噌などお好みのものに付けて食べます。
少し焼いて焦げ目を付けると香ばしい。
(醤油やだし汁で味付けされたジャガイモを使うじゃがまんじゅうや里芋をつかった「いもまんじゅう」もあります)

実家には頂き物のトロ箱いっぱいのジャガイモ。
その中から数個持ち帰り、じゃがまんじゅうを作ってみました。

<適当レシピ>
材料

ジャガイモ 好みの個数
小麦粉 適量
水    適量
塩    少し

ジャガイモの皮を剥いて丸ごと茹でる。
(好みで塩でゆでたり、出汁と醤油で煮付けたりします)

皮を作る:
小麦粉に水を適量加えて練る。耳たぶくらいの硬さ

ジャガイモ丸ごとを皮で包む(穴が開かないように)

たっぷりのお湯で茹でる

食糧危機の問題が話題になる今日この頃、日本の食料自給率は40%程度。
米は100%とイモ類(じゃがいも66%、里芋68%、サツマイモ94%)は自給率が高い品目。
日本の小麦のほとんどが輸入に頼っています。
小麦粉がこのまま高騰し、手に入らなくなったら、じゃがまんじゅうが食べられなくなってしまうかも?!


[PR]
by microcosmique | 2008-06-08 20:49 | faire soi même 他手作り

ぼくはくま Je m'appelle KUMA

HEART STATION  宇多田ヒカル
1.Fight The Blues 2.HEART STATION 3.Beautiful World
4.Flavor Of Life -Ballad Version- 5.Stay Gold 6.Kiss & Cry
7.Gentle Beast Interlude 8.Celebrate 9.Prisoner Of Love
10.テイク 5 11.ぼくはくま 12.虹色バス 13.Flavor Of Life(Bonus Track)



b0083998_23541338.jpg
最近良く聴いている宇多田のアルバムを実家に送りました。
甥っ子はなぜか「Stay Gold 」が一番のお気に入り。
姪っ子達は「ぼくはくま」が好きなようです。

大切な人の特別なお祝いの時、以前はくまのぬいぐるみをプレゼントしていて、
上の姪っ子、甥っ子の誕生の時にも作って渡したのです。
9歳の姪っ子のくまは和柄でちりめん生地。
彼女のお気に入りだったくまは今、3歳になった下の姪っ子の側にいて、
「だって淋しいって言うもん」とスーパーにもくまを持って行くそうです。
何度も洗濯して、色は褪せ、ほつれた箇所を何度も縫っているくまですが、
くたくたになった今も使ってくれているなんて嬉しい。b0083998_23555147.jpg
そんな下の姪を見て、彼女に作っていなかった事を反省。
彼女が生まれた年前後は精神的な余裕がなかったような...

思い切って6年ぶりのくま作成。
遅くなったけど、やっと彼女の所にくまさんを連れて行くことが出来ました。

待たせた分、同じ布で巾着やトーとバックも作ったよ。
お姉ちゃんのくまさんも今まで通り可愛がってね。


同じ型紙からできた違った表情のくま達。
今もあの人やあの人のところにいるかな?!



b0083998_016262.jpg
ぼくは くま♪ ぼくも くま♪ ぼくが くま~♪






[PR]
by microcosmique | 2008-06-03 00:24 | couture 縫い物